MENU

格安スマホの選択体験談

私の家では主人がドコモのスマートフォン・私がドコモのガラケー・長女(高校生)も同じくドコモでガラケーを使用していました。

 

ところが、長女も高校生で友達のほとんどがスマートフォンを持つようになり、またラインなどでつながってるため、
以前よりスマートフォンを買ってくれとせがまれるようになってました。
誕生日であったこともあり、高校生ともなると友達付き合いもおろそかにできず、スマートフォンの購入を決意しました。
しかしながら、同じドコモでのスマートフォンにすると家計を非常に圧迫してしまうので
今 話題となっている格安のスマートフォンについて調べ検討することにしました。

 

購入するにあたって まず第一に検討したのは やはり価格です。
キャンペーン価格があること。月々の支払額が安いことが第一条件です。 
これについては 格安スマートフォンを販売している会社はたくさんありますが、価格COMやネットでの評判を参考に キャンペーン価格や音声通話・データ使用量を考えてもっとも有利な条件で数社に絞り込みました。

 

うちの子の場合、学校へは持参は不可ですのでもっぱら家での使用になるのですが
家ではWi-Fiでつなぐことができるので、学校以外の外に持ち出すときのデータ量と通話をするのをスカイプ等にすることを考慮し
最低限の構成で良さそうということがわかりましたので、各社の最低限の構成で最安値からベスト3の会社に絞りこみました。

 

次につながりやすさを考え、どこの回線を使用しているかをその中から選ぶことにしました。
つながりやすさについては災害時等のこともあり、やはり回線のカバー率
つながりやすさを考えるとドコモの回線が一番であろうと思い3社の中でドコモ以外のものを除外することにしたました。
ところが価格で選んだスマートフォンは、すべてドコモの回線でしたので、
次に考えたのが、スマートフォン自体の性能等でした。

 

スマートフォンのメーカーをどこにするかははっきり言って私にとって、馴染みのないメーカーばかりでしたので(ASUS、HUAWEIなど)ネットでの評判や価格も参考に選びました。
主人のスマートフォンはアンドロイドですが、実際 長女の格安スマホと比較すると
価格はもちろん安く、最低のデータ量でもドコモより多く、カメラでは詳細まで見ると違いますが
見た目は国産のものとほとんど遜色ありません。
ネットも快適そうですし、次に次女(長女のおさがりのガラケー)を移行するときが迫っており
その際はドコモから長女と同じものにする予定です。

更新履歴